雨漏り修理の業者の選び方~業者を決めたポイントとは~
雨漏り修理はどんな屋根でも対応でき実績ある業者に任せる
雨漏り修理は発生した場所によって違う~屋根以外にも発生する~
輸入住宅だけでなく全ての住宅で雨漏り修理は必要になる

雨漏り修理をしないと様々な二次被害が発生するリスクが高まる

雨漏りは危険~雨漏り修理が必要な理由~

雨漏りが発生すると、住宅に大きなダメージを与えます。また雨漏りが原因で起こる被害もあるので、早めに雨漏り修理を依頼してください。

雨漏りが引き起こす被害事例


屋根裏に雨水が入り込むとどうなりますか?
屋根から雨水が浸入すると、柱や梁が湿った状態になりますので、シロアリ被害に遭いやすい環境になってしまいます。雨漏りが引き起こす被害の中で1番怖いのがシロアリ被害で、柱や梁がなくなってしまうケースもあります。シロアリ被害に遭った柱や梁は、内部が空洞になるために住宅を支えることができずに倒壊する要因になります。そのため、雨漏り修理は迅速に行なうことが重要です。
雨漏り修理をしないと家族にも影響がありますか?
雨漏りによって湿気が多くなった住宅ではカビが発生することもあります。カビは、アレルギーや感染症を引き起こす原因となるため、家族の健康状態が悪化するリスクが高まります。また、雨漏りが発生することにより、シックハウス症候群を誘発します。特に免疫力が弱い小さい子供がいる家庭では、カビが発生しないように雨漏り修理をすることが大事です。
雨漏り修理をしないままにしていると火災の原因になると聞きましたが本当でしょうか?
稀に雨漏りが原因で火災が発生するケースもあります。雨水がブレーカーや配線コードを濡らすことによって漏電して、家電製品が故障してしまうこともあります。そして、室内のホコリやゴミが原因で火災に発展するのです。これが漏電火災です。このように雨漏りを放置していると命の危険に関わるトラブルを招いてしまう可能性もあるので、早い段階で雨漏り修理を行ないましょう。

雨漏り修理なら業者にお任せ

雨漏り修理のことを知るためには、実際に雨漏り修理を依頼したことがある人の口コミを参考にすると良いでしょう。紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

修理業者に依頼したことがある人達の意見

修理にかかる期間は思っていたより短い!(30代/女性/2児の母)

雨漏り修理は迅速に行なうことが大事と聞いたので、工事に着工するまでの日数を基準に選びました。着工までの時間も短く、雨漏り修理の工事も短期間で完了しました。対応がとても早かったので、負担も少なく、近所に迷惑をかけることもありませんでした。

修理後も安心できるように保証期間がある(30代/男性/会社員)

修理業者の決め手は、保証期間の有無です。5年間保証や10年間保証など、保証期間は業者によって違います。保証期間があると、万が一の事態になっても安心なので、私は保証期間の有無で雨漏り修理業者を決めました。

料金設定が分かりやすいので利用しやかった(30代/女性/OL)

雨漏り修理の料金設定がいまいちよく分からなかったので、細かく料金設定している業者を選びました。簡単な修理作業から大掛かりな雨漏り修理の工事まで、修理項目を細分化しているので、トータル費用を簡単に計算することが出来ました。

輸入住宅は雨に弱い?

日本の気候は高温多湿で、毎年雨の多い梅雨の期間があります。そのため、日本の住宅は雨漏りに強い設計となっていますが、海外は年間雨量が少ない地域もあります。輸入住宅は、日本の住宅のように雨漏りに強い住宅ばかりとは限りません。全ての輸入住宅が雨漏りをするわけではありませんが、日本の住宅よりもメンテナンスが必要になることもあります。また、どんな住宅でも老朽化すると、雨漏りが発生してしまうことがありますので、早急に雨漏り修理をすることが大事です。

TOPボタン